1人部屋

最大風速65m!

3日まえの突風の原因がダウンバーストと判明。

私のいた場所は東西の被害確認範囲の
ドまん中あたりになります。

だってさ~、
そのど真ん中で目の当たりにした光景からすると
NEWSで流されている動画も強風ではあるけど、
なんかそんな強い風が流れてる的なもんじゃなくって

無風に近い状態からの、
暗さ加減の割には雨があまり落ちてなくて
なんというか今まで感じたことのない
はっきりしない気象的感覚なところから

突如として爆発的な感じで風と雨がやってきて
ガラス張りの店舗がぶっ壊れそうで身がすくむというもので

翌日、
当初の風速28mほどという発表には

「その程度のものとは思えない、もっとあると思うよね~?」

と、主任と話し
横手市消防本部の風速計は35mほどを記録していたらしいことをはなすと

「30はあると思ってたよ。」

でも私は車がすっ飛ばされなきゃいいなとか思いながら
しかして打ち付ける&爆走するような雨風の様子からして50はいってそうだと思ってました( ̄0 ̄;)

だって、この私が思わず
「キャーッ!!!!!」って叫んでたんですから。

.....解りづらいか(;´_ゝ`)

通常、猛烈に荒れる前は
異常に暑い
なんか冷たい風が急にサワサワ吹いてくる
そしてふいに強さが増してくる

とかあるんですけど
そんなのもなく。
ただうすら暖かめで暗くて穏やかに雨が少し落ちてるところ、か、ら、の!

ですよ。(´・ω・`)。

海外の
ハリケーンの強風に襲われそうになり、
身を守るために咄嗟にガード下とかに身を隠して
その様子を撮影してるような動画とかありますけど
そんな感じの風でした。

通勤途中の田んぼでは、
被害確認場所までの西部では
西から東へ櫛でとかしたように
まっすぐ倒伏、

そこから市街地の西外れ、
アパートの屋根が剥がれたところを通過し
職場の脇の田んぼでは
南から北に向かって倒伏していました。

積乱雲が西から真っ直ぐ進み、
被害エリアの中心部の職場付近で
ダウンバーストし、
風圧が四方に広がったことで南から北に倒れる部分に位置したんでしょうね。

おそらく。

うちのほうはとりあえず
その前の台風の木っ端の散り加減よりも全然散ってない様子でした。

雨足は強かったみたいですが。

豪雨被害、地震、ダウンバースト

そんな感じのうちのほうです( ̄0 ̄;)




[PR]
# by akiracyann | 2017-09-23 21:42 | (^^)/日当たり良好~♪

登山の話の途中ですが今日のこと。

夕べ 夢を見ました。
会社の人たちと何やら山の中腹あたりの山荘のようなところに
慰安旅行で訪れていたのか
夜に なかば宴会まがいな雰囲気に浸っているときに
大地震が発生し
とりあえず落ち着いてから外に出たところ
お墓がみんな崩れ落ち、
どうやら相当な雨も降ったもようで
大きな水溜まりができていて
車で渡れるかどうか見極めて
なんとか渡った夢。

そしたらさ、未明にメキシコで地震でしょ。

そして仕事場では
私の後ろでレジうってるひとが
いつもは1時で帰るのに今日は午後5時までで、
わりと暗くなってきたからあと少しで
お帰りなさる時間かと思ってレジの画面に表示されてる時刻をみたら
まだ午後3時20分。

今日は忙しい日で切れ間なくレジ打ってたので時刻とか外とかあまり気にしてなかったのね。

でも.....
まだ9月なのにこの時間にこの暗さは
おかしい。(´・ω・`).....。

朝9時半前に家を出るとき、
西の空に
この時期にしては珍しく入道雲の頭のような部分が沸き上がっていて

「ああ、どっかで天気悪くなるかも」
と思いながら出勤。

昼の休憩が2時頃から3時頃で
休憩に入る時にはちょっと暑いのかな?的な感じだったのが
終わる頃にはパラパラと雨が少な目に降ってきて
「ああ、あんまり強くも降らなそうだし、降ったり止んだりで終わるだろう。」と思いつつ

そして 後半のレジに入る。

で、その後、
さっき言った3時20分の時点で
後ろのレジの人に一瞬、

「今日は5時まで?まだしばらくあるけど、それにしてもこの季節、この時間にしては あまりに暗すぎやしないか....?」

と声をかけた。

どれくらい暗いかと言ったら
12月の夕方4時半過ぎくらい。
また雷鳴って停電するんじゃなかろうか、と思いながら
すぐに自分のレジで流し始めた直後、

ホントに突然、

!Σ( ̄□ ̄;)
猛烈な嵐がやって来た===!
( ; ゜Д゜)((((;゜Д゜)))!!!!!

突如として目の前真っ白になるほど
水平方向に横殴りな雨と
ものすごい暴風がやってきて
生まれてこのかた体験したことのない
恐怖で。。。
怖じ気づいたよ、さすがの私も。

だって
もッスゴい突然に
もッスゴい暗くて
もッスゴ=====い暴風雨というより

嵐だよ、嵐!
冬の防風雪よりひどい、今まで見たことない横殴りの雨と風。
お店の南側全面 、
店舗用の厚いガラス張りなのに
突風で押されて もうじき割れるんだろうな、
そしたらさ、アメリカ映画並みにガラスがこっちに大量の雨と共にぶっ飛んできて
血まみれになるんだろうな、
目の前のお客様共々、( ノД`)…

って感じ。

けっこう雷雨とか見ても平気なほうなのに、これは逃げようもなくヤバイやつだと。
ツイスターって映画を前によく観てたけど、
この暗さと暴風雨は竜巻に巻き込まれてるとみましたね( ̄0 ̄;)

落雷が近くであって、今回も停電。
自動ドアのところから尋常じゃない雨が
店内にビシャーっと。

この忙しい日に緊急事態。

消防車がサイレン鳴らして西のほうに走る。
もしかして、うちとか実家とかあちこち大丈夫なのかと心配になる。
仕事どころじゃない感じ。

そう、そしてNEWSでは
横手市で平成20年から観測を開始して以来
最大の瞬間最大風速28.2mを観測したのが
私が後ろの人に声をかけた3時20分の
1分後。

人生で猛烈な気象体験のダントツNo.1ですね。
No.2は12月1日夕方4時の宗谷岬の防風雪(概ね風速15mくらい?)、と言いたいところですが

風速、家壊れるのか?
で言ったら数年前の春先の強風、
25m ~27mくらいでしたか?

ただ これは屋内にいて、恐怖を感じたもので、
生きるのか死ぬのかという生身の危険度からしたら
気温も低い、最北端の宗谷岬とその帰り道の夜中の豪雪ぶりのほうが勝る。

そして何を隠そう、
先日の鳥海山登山のまだ書いていない本編
そちらも生身の危険度がヤバかった。

標高2160mの山で気温10℃の中
風を遮るものもない鳥海湖のある
御浜小屋のところで
岩につかまらないと足元からすっ飛ばされる強烈な風に見舞われる。
ずっと強い風の中、時おり押し出されるように突風が吹く。

山頂小屋に着いたとたんに状況は更に悪化。
真冬の防風に雨をまとわせた状態で
しかも、その暴風雨を巻き起こしている寒冷前線の雲に
そこにいるものたちがのまれていて
辺りは一面真っ白な雲と雨。

あまりに急に風が強まり危険なので山頂小屋から上の
ガレ場の頂上アタックは即行断念して下山しました。
風速20m弱ほど。

山頂小屋で休んでいれば気温が低くてヤバイ。
とりあえず歩いていれば体温は保てる。

あくまでも、私の用事ではなく
息子の用事であり、
そして本人の休みの都合と山頂小屋の営業の日時からいって
その日しか都合がつかなかったということで強行したものでありました。

本来なら私は天気が安定して
気温も高くない、
空気が澄んで見晴らしのきく
9月のお彼岸前あたりにしか登らないことにしてるんですけどね。

しかも
うちにいて鳥海山が完全に見えて雲ひとつない日に限る。
終日晴れもようの時だけ。

とにかく、暴風雨のひどさ加減は
今日がNo.1でした!

しかも夢、そこそこ当たってるし(;´_ゝ`)





[PR]
# by akiracyann | 2017-09-20 22:00 | (^^)/日当たり良好~♪

8月26日のこと。まえがき。

台風の風がふきつけているもがさんのいるあたりです。
今日は午後から仕事なのでちょっと前の事を書いてみようかなと。

少し前に
「明日は午前3時起きで出向くところがあるから」と書いて
どこに何しにいくとも、行ってきたとも書いていなかったのですが

行き先は鳥海山で、
鳥海山の山頂にある大物忌神社が
今年20年に一度の式年遷座にあたる年で
神社の本殿が建て替えられる年ということで
9月になると山頂小屋が閉鎖になるため
ギリギリ8月末の26日に向かいました。

私が行きたいわけではなく、
息子の希望でして、
そもそもは別の用事で日曜休みをとっていたのが都合つかず流れたので
息子一人山に行くのも危険だろうと
同行することになったのです。

私がいるから安全ということでもないですがね
(;゜∇゜)

もうひとつ理由をつけるならば
私のマインドはまだ充分あるのかどうかの確認のため...とでも言いましょうかね~?


当日、目覚めて間もなく2階の窓をガッ!と開けて山のほうを見ると
ヤバイでしょ的に重たそうな雲が覆っていて

止めましょうよ、と思ったけど
新聞で時間ごとの天気の変化をみたら
昼頃には晴れると。(´・ω・`)。

ここで「天気図の確認」をすることを
怠っているのが問題。

以前の職場であれば天気、気温、日照の変化に関して気を抜くことはなかったのですが

建物内の画一的な仕事についてから
アウトドア社会のサバイバル的な
タイミングに気をつける能力が
ガタ落ちしているということに
今回のことで気がつきました(´д`|||)


[PR]
# by akiracyann | 2017-09-18 10:28

引き立てあい

a0126432_07115170.jpg


ダリアな季節になりましたね♪
昨年秋に、左側の品種を2個注文したら
品切で1個しかないため
代替品で右側の品種1個と合わせて2個きました。

「エ~、ちょっとしぶめな色が良かったのに この色要らんし~(´д`|||)」とか思ったんですが

並べてみれば ボール咲き同士の似た者同士ながら
そのグラデーションにより引き立てあう感じとなって
もう一色繋ぎやくがあればアレンジメントに良いかもと思うこの頃です。

ところで 仕事で最近プチ切れ気味ですが
何を言われても耐える姿勢が大事という事を思いながら 今日も仕事にいくのであります(^^)/
皆さんも 元気な1日を!

a0126432_07115515.jpg

[PR]
# by akiracyann | 2017-09-13 07:10

ドジョウに同居の友達を。

おはようございます。ドジョウです( ・∇・)
もがさんが金魚5匹連れてきました。

a0126432_10242622.jpg

紅白のが2匹と小赤が3匹です( ・∇・)



当初はドジョウの隠れ場所に金魚も隠れようと固まりになって押し寄せ、
ドジョウ逃げ出す、でしたが
そのうち仲良く餌を食べるようになり
ションボリだったドジョウにも
動きが出てきました(*^^*)

今ではドジョウは隠れ場所を取り戻し
金魚は水草のカモンバの株本に集まって寝ているもようです。
a0126432_10242969.jpg

そもそも自然界で魚は岸の植物のモヤモヤなところに隠れてたりするんでしょうから 自然なことではありますが。


そして刺激を受けて動き出したドジョウは地底から水草の上に身を預けるという 、
あまり見たことない行動にまで出ました(;゜0゜)
a0126432_10243280.jpg


実は色んな能力持ってるのか、ドジョウ!?

それにしても、以前イエロー和金を一緒に飼っていて
気がついたらイエローでなくなってたんですけど
イエローの色あげの餌ってないですよね?
品種改良上の問題で元のイロガ戻ってくるのか。。。?

まあ、一匹と一匹と一人という
暗黙の了解の中での友達で親近感がわいてたんですが

そんなあと、「金魚5匹、色が派手」は 私の性格からいって
情報量的に多すぎで気が落ち着かないかも。。。

と思ってましたが
落ち着くか落ち着かないか、
語り合おうじゃないか、よりも

「今日もみんな元気か?」
「おー、チラチラヒラヒラ活気があるね」
な感じになってます( ・∇・)

そしてドジョウは
いつもの隠れ場所に引っ込んでるけど
気が向いたらみんなと餌食べる。

そんなスタンスで今日も生きてます。


ところで金魚は水中で
泳がないときもずっと浮いてる状態で
口をパクパクヒレをヒラヒラで
なかなか大変そうなんですが

ドジョウは
地べたに身をおろし、ヒレも動かさず
顎のしたというか、咽というか
そこをヒクヒクさせてるだけなので
エネルギー消費量が少ないと思われ。



[PR]
# by akiracyann | 2017-09-08 10:13 | (^^)/日当たり良好~♪

ショゲないでよbaby !?

8月末日。
秋めいてきましたね。
皆さんは何をもってして秋の気配を感じますか(・o・)?

ところで、朝一番の私の仕事は
ドジョウの観察、挨拶でして
この夏、一緒に飼っていたイエロー和金の金魚がお亡くなりになってしまい、
それまでは
金魚が餌を食べ始めると
普段はじっとして生きてるか死んでるかわからないほどにしているドジョウも
元気に素早く泳いだり、沈んでる餌のみならず
浮き餌を食べにドジョウ昇りを決め込んでたんですけど、

金魚が亡くなってからは
ホントに静かに微動だにせず、
食欲もなく
餌が上から降りかかろうものなら
どしめがして 物陰に身を隠す怯えぶりで。

活発な金魚のおかげで
物静かなドジョウも元気にいられたのかしら......(´・ω・`)



今朝は
横たわる姿がないと思ったら
a0126432_21424658.jpg

しょんぼりの極み...(;´_ゝ`)
頭隠して尻隠さず。。。

このまま動く気配ナシ。

***********************************

実はドジョウは水温が下がってくると
泥のなかに潜って冬眠ごときを決め込むのです( ・∇・)

このあいだの冬の間はいなくなったと思ったら
すっかり潜ってました。

自然界では泥のなかですが、
この小砂利を頭で かき分けて潜るって 痛そうだし体力使いそうだけど
スッゴい筋力なんでしょうね~p(^-^)q

今朝はちょっと寒かったので潜ってみんでしょうけど
パッと見、
「( ; ゜Д゜)大丈夫だなだが!?」と思いますよね~!
窒息してるなでね~べが!?って焦る。

そんなこんなのドジョウの変化から
秋を感じるのは私くらいでしょうね。
何だかんだで似た者同士だし。

今度また
友達入れてあげることにしましょう( ・∇・)
[PR]
# by akiracyann | 2017-08-31 17:53

20万で乗用車は買えないでしょうから

皆さん、どんなお盆を過ごされましたでしょうか。
私のこのお盆の一番気になったことは
某駐車場で、私のとなりにDODGE の、白いスゴイなァ~(~O~;)って車が停まってたことですね。
不審者になりながら見てしまいました(^-^;
横幅も長さも私にゃ扱えん!
近所の角も曲がれんだろう!
走りがどうだとかは私にゃ解らん!
でも、自宅前に置いといたら
そりゃスゴいんだべな~~~とは思う。
でも
田舎を走る車ではないからね~。

さて、生まれてこの方
ホントに乗ってみたい車とか
買ってみたい車とかなく
ここまでやってきましたが
今乗ってる車が唯一3割妥協して自分で決めて自分で買った車でして
(それまでは廃車同然なものをあてがわれてて)
11月早々に車検なわけですが
既に20マンキロ超えていてもエンジンは問題なく、
マフラー交換
バイザー交換
シートクリーニング
エアコンのファン交換
オーディオ交換でいけると思うのですが
ただ外装が~.....

自分でも何故にここまでしてしまったのかと反省しています(;・ω・)

車を飽きたからとか査定がつくうちにとか
そういうことで乗り換えた過去はなく、
寿命がくるまで最後まで乗り尽くして乗り換えてき続けてますが
なんとなく、ここでひとつ
ようやく自分に手を入れてみても良いのかなと思ったりして。。。

でも多分、車検とってあと2年は乗るでしょう。

さて、
寝ないと。4時には起きて出掛けないといけないの。
10年ぶりくらいに、あの場所へ。。。



[PR]
# by akiracyann | 2017-08-25 22:43 | ヒマな部屋

玉簾(たますだれ)の滝



a0126432_06240215.jpg


落差65m 幅5m
山形県で随一の直瀑

辺りの杉の大木の直な感じと相まって
他の滝とは違う品位感を感じました(^-^)

落差があるから滝壺辺りの瀑風が
見た目以上にすごかったです。

お盆の頃は夜のライトアップやってたようですが行けず。。。
一眼レフ、買い換えられたら
その時はいい写真を撮りに出掛けましょう(^-^;
[PR]
# by akiracyann | 2017-08-22 05:59

山形県 不動の滝

開運出世だって(^-^)

a0126432_13335966.jpg


神社の裏流れてる豪快な滝です。
a0126432_13340384.jpg

[PR]
# by akiracyann | 2017-08-07 13:31 | (^^)/日当たり良好~♪

モダンティストなの来た(;゜∀゜)

a0126432_12441056.jpg


阪神×巨人=AC ミラン?





!Σ( ̄□ ̄;)

a0126432_12441209.jpg


アカスジカメムシ!
せり 科の植物が好きらしいです。


[PR]
# by akiracyann | 2017-08-05 12:41

おやすみ~


髪が伸びてます。
スーツにイヤリングだとこんなんで
a0126432_23045817.jpg



オフだとこんなで
どうしたもんかのォ=....

a0126432_23050373.jpg

仕事では地味にひとつに束ねてる。

この状態にMix巻きパーマかけてみるか、
ナチュラルウェーブかけるか
でっかくぐるんぐるんするか
ボブにするか
ウルフカットにするか....

なやみつづけること1年4ヶ月。
悩んでいるうちに白髪染めが廻ってくるのね。。。。。

普通に品のあるスタイルがいいのでしょうけど
ソモソモ私に品がない!?


[PR]
# by akiracyann | 2017-08-04 22:30

途中のひらけたところで

あまりに水が綺麗で神秘的でした=。

a0126432_15542208.jpg



a0126432_15542605.jpg


a0126432_15543038.jpg


a0126432_15543322.jpg


a0126432_15543713.jpg


スマホで。
[PR]
# by akiracyann | 2017-08-04 15:45 | (^^)/日当たり良好~♪

元滝もがさんぽ 後編

ここを過ぎると滝の手前の木立に入り、少しアップダウンします。足下注意。
ここにもヤマユリ。水辺とは趣が異なりますね。
a0126432_11132457.jpg


音が近づいてきて、すぐそこに

a0126432_11132634.jpg

着きましたぁ====(^^)/
豪快な滝とは異なり、ここは伏流水なのです。
a0126432_11132998.jpg

水の流れの始まりなのです。
鳥海山の雪解け水がしみだし、滴り落ちているところなのです。
スケールの大小ではなく、存在の意味と形状からして他とは異なるのです。
a0126432_11133425.jpg

涼味。水がきれいだ~!

して、ハッコイ!
a0126432_11133770.jpg


a0126432_11133965.jpg


a0126432_11134432.jpg

1回目行ったときは外気温との温度差が激しく、モヤが発生していて
ちょっと神秘的。

a0126432_11134861.jpg


その後、時間が経過しスポットライトがあたると またコントラストが美しい。

a0126432_11135341.jpg

そしてだんだんと夕暮れてまいるのです(^^)d


最後に、こんな看板立ててるのが残念というよりも立てないといけないのが残念!
a0126432_11140063.jpg

この日二日目はいなかったですが
初日、水中三脚カメラマンいましたから。

二日目、
埼玉県からおこしのご年配の御夫婦、
愛知県からおこしのアラサーバイク男性と駐車場で歓談して帰って参りました。(個別にではなくみんな一緒に)

皆さんからしたら、けっこうな地元民なわけで。
こんなところが近くにあって、
あちこちの自然が手軽に満喫できるというのが羨ましいようでした(^-^)v

そうそう、滝に向かう途中のモルダウのところでしばらく時間をとっていたのですが背中越しに

御年配女性に
「滝はまだですか?」と声をかけられ
まだ半分過ぎたくらいだと思いますよ、と答えると
滝があることに安堵したのと
これからの距離にため息なのとが混じった表情をされて

その後遅れて片足義足となったご主人が2本のストックをつきながらやって来たのを見て

そういうことか~ と思い
その後一緒に滝まで歩いてあげました。

一緒に歩くにあたり、
速すぎてはプレッシャーを与え
ゆっくりだと 気を遣わせている、と思わせてしまう
なかなかそういうことというのは
双方難しいものであると感じながら歩いていました。

で、滝のところでコンデジで1枚写真を取ってくれとご主人に頼まれ....
危うく露出補正のダイヤルを回しそうになったけど
ついてません、その機能。
ズームってレンズ回すんじゃなく
チョビチョビとシャッター付近のダイヤルを動かすんでしたね(´д`|||)
スッカリ忘れとるコンデジ。

オートフラッシュになってたんで
禁止にしてあげました。
フラッシュの方が薄暗い滝あたりではぶれないでしょうが
歩いてきたときの汗とご主人のメガネがテカるので=。

結果オーライ、あとはごゆっくりどうぞで後にして参りました。
またここでも見知らぬ人に声をかけられましたね(^^)d

にしても、アップしようとしたら
画像が1度に11枚までしかアップできないからって、
1度書いた記事を切り取りはりつけで
前編後編に分けた次第です。

疲れたわ~。(´д`|||)
頭痛を抱えたままこれからの仕事です!
では(^^)/

[PR]
# by akiracyann | 2017-08-04 11:15 | (^^)/日当たり良好~♪

元滝もがさんぽ 前編

日中は暑いかもしれませんが
意外と朝晩は涼しくなってきてるような気がするもがさんです。

秋の虫の声も少し聞こえて来たりして。

さて、これまた10年以上ぶりかと思いますがこの間二度にわたり象潟の元滝へ行ってみました。

あっちに向かうのに道を間違えることはなかったのに
すっかり忘れかけていたのが残念!

以前はよっぽど滝の近くまで車で行けて
駐車場は なんとなく広くなっているところへ5台くらい停められるの?みたいな感じでしたが

鳥海山飛島ジオパークとして登録になってから整備したのか
ひたすら杉木立の間を行く道だったのが
沢の流れに沿ってゆったり散歩できる道へと変わっていました。
a0126432_11012743.jpg


ジオパークとは、
火山活動による地殻変動により
地質的に特異な形状をなしていたり
希少な動植物の分布、活動が見受けられるエリアとして研究、観察が行われている場所 みたいな感じ。

男鹿や栗駒のほうもそうですね。
10月に東北での開催は初めてとなる
ジオパーク大会が秋田県で開催される事になっていて
ジオパークのガイドとして
どういったところをどのように解説してどのように案内し、共感と理解を広げるのか
有識者を交えてその方法をディスカッションされているようです。

オーストラリアでは自然保護の目的で
自然公園に入る際は検査が厳しく
動物と一緒に入るとか
食べ物の持ち込みに関して禁じられているものがあるとかなわけですが、
ビックリしたことに
小型犬を散歩させながら歩く60代夫婦
滝元でタバコふかす60代夫
水の中に入って三脚立てる中高年カメラマンがいました
(´д`|||(´д`|||)(´д`|||)

広く親しまれるようになると
決まってこういうことが起きてきますよね~。
自然が好きで訪れるというよりも
観光名所にズカズカやってきて
なんとなくステキなライフを送ってる気分を楽しむという.......

では 長くなりましたが行ってみましょう~(^^)/

うちの前の用水路とは比べ物にならないくらいの勢いでキラキラ流れていきます。
a0126432_11013036.jpg



途中いくつか木の橋がありますが
雨に濡れると滑るので滑り止めネットがかけてあります。
a0126432_11013332.jpg

子供の頃、用水路がまだコンクリで固められる前、大きな堰に大きなごっつい木の橋がかかっていて
そこから水草が花を咲かせながら
ユラユラ揺れるのを眺めるのが好きでした。

水辺にヤマユリって、いいですねぇ(*^^*)
a0126432_11013635.jpg


しばらく水路に沿っていくと
木立の中に入る手前で少し広がりを感じる場所に着きます。
モルダウなのではなかろうか?と思う。
浅く広く流れる場所で、すごく透明度が高い水w(゜o゜)w
a0126432_11013890.jpg


水鏡とはこのようなことなのね!
a0126432_11014189.jpg



a0126432_11014496.jpg

最近、渓流釣りやってみたいかも、なもがさんです。


[PR]
# by akiracyann | 2017-08-04 08:54

祝?丸2年




おはようございます(^_^)
7月が終わりました。

今日から現職場3年目に入ります!
まさかこの日が来るとは思ってませんでした(;・ω・)
めでたいんだかどうなんだか。

「7月は今までの頑張りが結果となって現れるでしょう」
ということが何なのかと思いながら
がんばってみた1ヶ月でした。

私自身の仕事は穴ぼこでした(;゜∀゜)
お金がわんさか舞い込むなんてこともなく、
多分、そういうことよりも
自分の中の意識が前に進んだということかもしれません。
ひとつひとつの事案の何故に、に対して
ひとつひとつの解答だったのが
そもそもの見落とし点はただひとつ、
それを知ることができたということでしょう。

投げ掛けられる、問われる言葉について
コンクールを聴いて考えたり
野球の試合を見て思うことだったり
自分とは違う考え、行動をする人について考えたり。
その中から見えたものを覚えておかないといけないです






[PR]
# by akiracyann | 2017-08-01 06:11 | 向かいの部屋

7月30日は元滝へ。

前の記事書くのにスマホで3時間かかったわ(´д`|||)
コンクール2日目は行きませんでした。
スミマセン。

夏休みはじまってるしお盆に向けて
忙しくなるし
このところ仕事のことでまた些かのストレスが積もりそうだったので
一回自然を浴びながら問題を洗い出して
次からまたソコに気をつけて進むべく
休暇とさせていただきました。

とはいえ、
昨晩の夢はそうこせいりみたいな仕事に転職してうまく楽しく仕事出来てる夢でしたが(;゜∀゜)

そんなわけで仁賀保、象潟方面へ行きました。

象潟の元滝。
a0126432_00250987.jpg
日中スマホ撮影
お馴染みの元滝の雰囲気とはちょっと変えて。

とりあえずおやすみなさい。


[PR]
# by akiracyann | 2017-07-31 00:07

コンクール秋田県大会高校の部結果

すみません、昨日のうちに書こうと思っていたのですが
演奏の途中から頭痛がしてきて
持ち合わせの頭痛薬飲みながら
最後まで聴いて、
なお今年も結果発表が遅れ

そして大雄サマーフェスティバルに
直行して美川憲一さんの歌を生で聞き
花火を途中まで見て帰ってきて
色々とあって夜も10時過ぎてから
素麺ゆでて食べた次第です。

とにかく体調が崩れたのがしんどかったです(´д`|||)

それで、団体名とか曲名入力するのも
なかなかスマホから大変なので
誠に御粗末なことではございますが
結果記入して画像上げさせていただくことで御許しください。
机もなく会場で手持ちで記入で字も汚いですが(/ー ̄;)
a0126432_00062447.jpg


a0126432_00062881.jpg


代表は
秋田南、明桜、秋田中央、秋田の4校。
秋田が入ったのが今年のpointでしたね。

私の思っていたことが全体の講評として述べられていました。

大きな音を出すところで全体のバランスを欠いているにも関わらず出しすぎ

自分の演奏が曲の中で どういう位置づけなのかまで飲み込めていない演奏

そして 果たしてこの曲は今聞かされた曲であっているのか?

1番目と2番目のことは毎年感じることですが、とりわけ出しすぎなことに関しては
会場に入ってすぐに
「あぁ、音のコントロールまで気を回せる学校が結果を決めるだろうな」と思ったわけで
それというのも 2階席のない小さなホールで
審査員席も県民会館でいったら
一階の中央みたいなところで
つまるところ
いつもだったらある程度の細かいことは
音響を考慮されたホールでなんとなく
響きよく融合されて事なきをえられるものが
この度は
さほど響かずひとつひとつの楽器の音がダイレクトにバラけたイクラのごとく伝わってくるわけでして

いつも通りの感覚でやったら
ごちゃごちゃに伝わってしまうのです。

そんなわけで
同じ課題曲をやるあの学校とこの学校
同じ自由曲をやるあの学校とこの学校
があり

講評としてはレベルが高くて僅差だといわれておりましたが
同じ曲をやったもの同士の間では
明らかな差が感じられたと私は思うのです。

明らかにコンクールにたいして些かの手も抜いていないと思えたのは
やっぱり秋田南だと。
課題曲と自由曲のレベルを揃えて
両方きっちり仕上げてきた。

ある種、幾何学的な感じの細かいパーツの組合わせな曲は、
自分がなんの意味をもってしてこのショートで展開の速い部分を担っているのか
日常的な感覚ではわかり得ない難しいものだと思いますが
鋭利すぎず、重すぎず、どこかの部分で何かの楽器が突出することもなく
それでいて細かいディテールまで
しっかりと気を抜かず
存在感のある演奏に持っていったな、と うなってしまいました。

課題曲ⅤやⅠにはサックスソロがちょっとありましたが
どこのが良かったですか?と聞かれたら
西高はもっと自信もって出して欲しかったし 他はあちらこちらで
大概これくらいでしょうね...という、
気持ちはわかるが
音質もうちょい柔らかめで
広がりのある太くて包容力のある音で
表現にもうちょびっとうねりがあるといいな~、
私ならこう吹くんだけど、と思っていたときに
その音がやってきたのは秋田高校でした。

フィンランディアの出だしから序盤で
もう少しキッパリとしたまとまりと
ひとつの音の出だしを明確に且つ
もう少し深く押してスッと引く感じがあると怪しげながらはっきりと印象付けられ、
その後の展開に更に聞き手が引き入れられると思いました。

意識してやっているとは思うのですが
あの会場ではもう少しそうであっても
良かったかな、と。

郡山はたしか3階席もあったと思いましたが。会場が違いすぎてムズいですね(;・∀・)

横手の課題曲はまあ いけるかと思わせたんですが
自由曲がブラームスで いい方向にいきそうかとおもうも
曲の選択が昨年今年となんだか
ちょっと課題曲とのバランスが。
ブラームスなら課題曲Ⅴにして~と。

課題曲が今回の選択なら自由曲は
クラシックの巨匠ではないほうが良いような。

そしてその自由曲の最初から終わりまでの印象が漫然としてしまった。

他の銀賞の学校は出しすぎで
音が濁るか印象が部分的に突出して
全体のバランスが乱れた。

これに対して、
音を濁さず出してはいたけれども
パートごとの音質に 解りやすく言えば
クラシカルな音色のパートがあれば
ポップでカジュアルな音色のパートが存在し
印象的には高貴な音のランクが三段くらい下がってしまってる感じが。

そして曲の中間部が静かで深い、よりも
ダラダラとダルく長い退屈な監事になってしまった感じ。

1拍おきの音符の連続を
譜面を見て
作曲者は何を意図してそれを並べたのか?を読み取る。
何かを現しているからこそ
楽譜に記載されている。
それをうまく伝えるのかどうかが問われるのがコンクール。

多分あの中間部の1拍おきの音符のだしかたは
静かに太く深く押し込むように吹き込み、
スッと音を抜くんではないでしょうか?

なんとなく退屈そうにポッ、ポッと単調に吹くのではなく
静かに重い気持ちを少し引きずりながら前に進む気持ちで。

そしてその中間部の中でも少し音が大きくなりながらまた少し抑えていくみたいなことがあるとストーリーが見えてきますね。

作曲者は何を伝えたくて
白地図のように、まっさらな塗り絵のようにスコアを書いたんでしょう?
それを見て どう色を塗るのかは
様々でしょう。
でも、意図があるわけです。

それを読み取ることがまずできるのか。
そして頑張った演奏、ではなく
芸術作品として完成させ感動を与えられるのか。美しいのか、素晴らしいのか。

秋田南の音色の統一感は
他の学校とは明らかに差があります。
演奏技術の前にその曲に対するイメージをみんなで理解し統一できるか、
そのイメージを表現する音色はどういうものなのか
その音を統一できるのか

そのためにはモチベーションの統一と
パート間でのいがみ合いをしないことも重要です。
何よりも、指揮をとる人が
曲を理解し、全体がまとまりをもって取り組めているのかに気を払うことができ
うまく伝えられ、細部まで仕上げる力があるのか、と
指揮する者の芸術的センスが磨かれているか。

ここは高等学校の部 なんです。
かつてのA classと称されたところなのです

それゆえ
目指すところ、やりたいことはなんなのか、というよりも
求められているのはなんなのか
期待されるものはなんなのか、

という点において
他のclassの演奏とは違うのです。
何故に演奏人数の多少で求められるものが違うのか?と私もかつては思いましたが
何でだか結果としてはclassでレベルの差があるのは事実です。

結論を言えば、
「しぎょくの演奏」をもって審査員、聴衆を圧倒し、感動で震撼してしまうほどにさせられるのか?がpointでしょう。

この曲、やり易い
この曲、好き
この曲、特別なパートが際立ってる
この曲、すごく技巧レベルが半端ない
いけてるでしょ?じゃなく
うまく伝わっていますか?なのです。

ストーリーとか背景、場面の重要性とか重厚な中に荘厳とか哀れみとか
感情、情緒に響く何かがあるものみたいな。

そこは音楽に留まらず、
そこに誰かがいる日常において
私も考える余地のあることだと思うこの頃です。


[PR]
# by akiracyann | 2017-07-30 21:41 | (^^)/日当たり良好~♪

9時過ぎから並んでます

a0126432_11401840.jpg


今日は秋田県大会初日です≡3≡3≡3
今日明日は なんと湯沢市で!
県大会が!
今日は高等学校の部と大学の部です(^-^)

しかしながら
チケット販売が11時から、
開場12:30
開演13:00

まだしばらくありますが40人くらい並んでます。

私、8番目だす(;゜∀゜)

実のところ、人のことも三時間は待てる人間です!
昔から。
特に他に成すことがなければ(;・∀・)

許容範囲広いっす(;゜∀゜)

もうしばらく立ってます!(;・∀・)!

八時間たち仕事の毎日です、
大丈夫です( ;∀;)



[PR]
# by akiracyann | 2017-07-29 11:21 | (^^)/日当たり良好~♪

夢の中の些細なやすらぎ

ようやく4連勤が終わり珍しく土日休みだ!
昨日は昼から出勤だったので
午前に
台所の床をマジックリンでお掃除
障子6枚貼って
掃除機かけて洗濯干して
草刈機で草刈って
晩御飯のカレー作って
久しぶりに時間をむだにせずに動きました!

ところで
一昨日の晩、夢で
実家の自分の部屋の片隅に
こたつを置いて座っている時分の夢をみたのですが、
そこには唐沢寿明に似ているバイオリニストがいて
どうやら私はその人から
何かを教わろうとしていたようなのですが

誰か他の男の人とその人が話し込んでいるので
私は話が終るまでポツネンと待っていたわけで、
でも、結局話し込みながら立ち去って行きかけたところ
バイオリニストが
「そう言えば大丈夫か?」と心配して戻ってきて
教えてくれる予定はまた次回となったものの

なんとなく温かい感じがした。

そして夕べの夢は
外にいたら北の軍用ヘリが極めて低い上空を飛んできて
偵察&爆撃をしようとしているところに
誰かがたいのいい日本の防衛に詳しい人が来て
「こっちにくれば見つからないから」
と盾になりながら身の安全を確保してくれた夢を見た。

いや、とっくに見つかってそうな感じでしたけど
守ってもらえるというのは
こんなにホッとするものなのか、と
生まれて初めてな感じがした。

まあ、夢の世界ですから(;・∀・)




[PR]
# by akiracyann | 2017-07-28 23:31

夕暮れ

a0126432_23025832.jpg


先日、珍しく早く帰れる日があって、
久しぶりにキレイな夕陽を見ながら帰った。
前はねぇ、
色んなところに目を向けて
色んな事を感じられていたなあと
思うわけです。

車を停めて田んぼなかの道を
ゆっくり歩いて
何か思い出しながら、そして
はたして
田んぼの見えない風景の中で
私は暮らせるのだろうか?と
ふと思うわけです。

朝は意外と 早朝に都会の車が動き始める感じが好きで
なんか 気持ちも引き締まるし
なんか出来そうに感じるんですが

そういう無機質なところでも平気なんですが

ただ、北海道の米所じゃないところを
しばらく走ってから
天塩のほうの田園を走ると
何か あったかさとか ほっとする感じが湧いてきてね。

素直になれる気もするし。

日々、青さが増していき
日々、風景が変わり
成長し続けるのを眺めていると
気持ちが安らぐんです。









[PR]
# by akiracyann | 2017-07-27 22:34 | ベランダ


ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
カテゴリ
以前の記事
画像一覧
最新のコメント
元気でやってるの?
by 殿 at 21:01
このテル友で実際に出会ち..
by テル友 at 11:55
熱い復活の声と共に前回よ..
by スタービーチ at 15:00
>殿さん  地震の時は..
by akiracyann at 16:35
地震の被害は大丈夫ですか?
by 殿 at 22:33
除雪中の事故による死者が..
by >種蒔きさん at 14:44
昭和48年の大雪は知って..
by 種蒔き at 05:51
そういってくださる人が・..
by >殿さん at 20:22
店内のとび職人の仕事は、..
by 殿 at 21:02
ま~、そのうちつもりのは..
by >やりなおしさん at 08:05
検索
記事ランキング
フォロー中のブログ
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
その他のジャンル
ファン
ブログジャンル